Skip to Content

アレルギー性結膜炎とは何か?

結膜炎には特定の時期にのみ症状が現れる季節性と1年中起こる通年性の2種類があります。

後者というのはハウスダストやペットの毛が原因となって起こるもので、コンタクトレンズの汚れでも起こる可能性があります。

アレルゲンを侵入させないことが大事

アレルギー性結膜炎は他の結膜炎と違って他人にうつるということは一切ありません。それはアレルギーを引き起こすアレルゲンが原因だからです。そうであれば、アレルゲンを侵入させないことがこの病気を引き起こさないためにも必要なことです。

例えば、花粉が原因としてアレルギー性結膜炎にかかる人であれば、春先など過分が飛んでくる時期にはメガネや帽子などをしっかりして過分が目に入らないような対策を取るべきです。帰宅した後は衣服について花粉を取り除いて室内に持ち込まないことが必要でしょう。

ハウスダストが原因としてかかる人がいるのであれば、ほこりを溜めないようにこまめに掃除を行う必要がありますし、溜まりやすいところには水拭きなどをするといいでしょう。フローリングに変えると繁殖しづらくなりますし、ほこりが目につきやすいです。

アレルギー性結膜炎の対処法

ヒスタミンがアレルゲンによって刺激を受けると活性化し、それによって強いかゆみや目の充血、糸状の目やになどを引き起こします。アレルギー性結膜炎の場合はまずヒスタミンの働きを抑える抗アレルギー点眼薬を使用して様子を見ることになります。これでもよくならない場合はステロイド点眼薬を使用するわけです。季節性であればアレルギーが出現する時期が分かるわけですので、その2週間前から抗アレルギー点眼薬を使用します。

コンタクトレンズ自体がアレルギー性結膜炎を引き起こす原因にもなり、そのまま使い続けると症状が悪化しますので、出来ることであればメガネの使用に変えて、コンタクトレンズは使用しないようにしましょう。

近年増え続けている結膜炎の一種

アレルギー性結膜炎はアレルゲンが侵入することによって起こるのですが、最近はこの患者が増え続けています。対策のポイントはアレルゲンを侵入させないように気をつけたうえで、抗アレルギー点眼薬を使用することです。