Skip to Content

結膜炎など目の病気は案外危険なアレルギー症状もあるので注意しよう!

結膜炎は眼科にかかる人の中ではよく見ることができる病気の一種ではないでしょうか。放っておいても自然治癒力によっていつの間にか治っているものもある一方で、感染力が強くて学校や仕事を休まないといけないものや視力低下などの後遺症が残るようなものも中にはあります。特に幼児や高齢者については注意をしてかからないともしかすると重症化する可能性がありますので、注意をしてください。今回は結膜炎という病気の概要や特徴などについて解説していきますので、馴染みがあるからこそてしっかりと対処するようにします。

結膜炎の原因となるものは何か?

原因となるものは大きく分けて3種類あります。1つ目は細菌が原因となって起こる細菌性結膜炎、2つ目はアレルギーが原因となって起こるアレルギー性結膜炎、3つ目はウイルスが原因となって起こるウイルス性結膜炎です。これらは特徴や症状、治療法などがそれぞれ違いますので、まずはどのタイプのものかを見極める必要があります。点眼薬でもアレルギー性結膜炎とウイルス性結膜炎とでは含まれている成分は当然違ってきますので、注意しないといけません。

結膜炎の具体的な症状は何か?

白目に当たる結膜が充血していれば何でもかんでも結膜炎というわけではありませんが、充血があった場合にはその疑いを持っておいたほうがいいでしょう。自覚症状に乏しく何らかの検査に来た時に発覚することもあり得ます。症状は目やにが出るとか、目に違和感が出る、痛みがある、目が開きづらい、まぶたが腫れあがる、かゆみが出るなどがあります。目に何らかの症状が出て気になるのであれば、すぐに眼科に行くのが一番いいでしょう。気になるからと言って目の周りを汚れた手で触るのだけはやめておきましょう。

結膜炎の具体的な治療方法は

治療の方法としては点眼薬を使った治療が中心になり、その他に軟膏や内服薬がある可能性もあります。点眼薬にしても各種類によって含まれているものが違いますので、その点にも十分に配慮する必要があります。ドラッグストアなどで目薬を購入するのであれば、自分でどの原因で引き起こされているのかを把握しておかないと、さらにひどくなるという結果にもなりかねません。

中途半端に点眼薬を使用しないということになると余計に悪化するというケースもありますので、医師の指示に従いながら治療を続けてください。決して知識のない人が自己判断で行わないようにしてください。

この病気は基本的に完治するものなのですが、症状が重くなると角膜にまで感染をしたりしますので、そこのところは注意をしておいてください。ただし、アレルギー性のものはアレルギー体質が変わらないでしょうから、再び感染する可能性はあります。

結膜炎を注意をするべきこと

細菌性とウイルス性のものは人にうつるという可能性がありますので、いかにして他人に移さないかということが重要です。自分が原因となって人が感染するのは迷惑なことですので、きちんとした二次感染対策をしておきます。家族でタオルやハンカチを共用しないとか、目やにを拭いたものは専用の袋に捨てるなどの対策をしておきましょう。場合によっては学校や会社に行けないこともあります。

結膜炎の原因ごとに特徴や対処法が違う点に気をつける

結膜炎は3つの種類によって特徴や対処法が違いますので、素人が何でも同じだろうと言って自己判断するのが一番ダメなことです。きちんと治療をすれば治りますので、そんなに心配にならなくてもいいのではないでしょうか。